佐助豚の粗挽き肉と大葉の炒め

ごはんが進む!タイ料理定番のガパオライス

佐助豚は脂の融点が低く、口の中でとろけるような甘みが広がって、とても美味。
タイの定番料理、ガパオ炒めご飯は、佐助豚の肉汁の旨味をたっぷりと堪能できるのでおすすめです。肉とご飯との相性が非常によく、新米の季節は、さらにご飯が進んでしまいます。
佐助豚の脂に甘味があるため、砂糖は少量でOKなのも嬉しいポイントです。

材料(2人前)

  • 佐助豚 粗挽き肉 220g
  • ナンプラー 小さじ2
  • ニンニク 2片
  • A:タレ
    砂糖 小さじ1/4
    オイスターソース 大さじ1
    醤油 小さじ1
    みりん 小さじ1
    粉末昆布だし(食塩無添加) 小さじ1/2
    粉唐辛子(一味唐辛子) 小さじ1/4
  • サラダ油 適量
  • 水 大さじ1
  • 卵 2個(目玉焼き用)
  • ガパオ(ホーリーバジル)10g(もしくは大葉8〜10枚)
  • 白飯 約300g(約1合)
  • 飾り用のキュウリやパクチー

  1. 下準備

    ボウル大に粗挽き肉とナンプラーを入れてもみ込み、約10分常温に置いておきます。
    ニンニクはみじん切りに。この時[A]の材料も、ボウルに入れて混ぜておきましょう。

  2. 目玉焼きを作ります

    フライパンに油少量を入れ、目玉焼きを作ります。
    好みの状態になったら、皿に取り出しておきましょう。

  3. 挽肉を炒めます

    フライパンに油と、1のニンニクを入れて火にかけ、香りが出てきたら1の肉を加えます。
    木べラでかき混ぜながら、色が変わり始めたら水を入れ、さらに炒めていきます。

  4. 味を調えます

    火が通ったら1の[A]タレを加えます。
    火を止めてガパオ(バジル)を加え、余熱で火を通すように全体を混ぜます。

  5.  盛り付け

    お皿に白飯、ガパオ炒め、目玉焼き、飾り用のキュウリを添えて盛り付けたら完成!
    佐助豚の旨味と香り立つスパイスが食欲をそそります!

\今回のレシピシートはコチラ!/
レシピシートダウンロード

ジュン先生

自由が丘マダム料理教室『Jun’s Juicy Kitchen』
タイ料理研究家

東京で『予約の取れない人気の料理教室』として話題の『Jun’s Juicy Kitchen』主宰であるジュン先生にご考案頂いたレシピです。

美容・健康を意識したビューティータイ料理を得意とされております。